島村楽器 イオン葛西店 シマブロ

島村楽器 イオン葛西店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【スタッフブログvol.29】ナマステ西葛西

f:id:shima_c_kasai:20161009121534j:plain
こんにちは、ピアノインストラクターの松本です。
最近の私の近況と言いますと…頸椎のヘルニアで苦しんでおります。
非常に情けない限りです。
皆さんも日頃の姿勢にはくれぐれもお気を付けくださいね。
特にピアノを弾くときやパソコン作業の時、肩や首が前に出ないように…。

といっても、今回のブログはヘルニアの話題ではありませんよ。
我が西葛西という地域が、いかにインド化が進んでいるかを語る場にいたしますよ。

f:id:shima_c_kasai:20180522121601j:plain

以前に某マツコさんのTV番組でも紹介され、一時話題となりましたが(なったのか??)
江戸川区周辺はとってもインド人が多く、更に西葛西にはなんとインド村が存在するという…。
いやいやそんな都市伝説やろ!と思いきや、しっかりと統計化もされておりまして。
日本在留するインド人約30,000人の内、約3,000人が江戸川区内に居住し、なんとその大半が西葛西エリアで暮らしているとのことです。
(ちなみに西葛西エリアの現総人口は約697,000人だそうです)

実際に、島村楽器イオン葛西店音楽教室へお通いの生徒様・会員様の中にも
インド系のお客様が数名いらっしゃいます。
きっと、他店舗より割合は高いのではないかと思います。
日本語が堪能な方も多いですし、
また、言葉は通じなくとも皆様楽しそうにお教室へ通われています。
まさに、音楽は世界を繋ぎますね。

では何故、こんなにも西葛西にインド人が増えたのか…
諸説あるようなので、興味のある方は各自お調べ下さい。(驚愕の無責任)
(…どなたか先駆者的なインドのお方が、皆を呼び寄せた説もありです。)
きっと、単純に日本人のみならず世界の誰もが住みやすい街だからなのかなぁとも、思います。

例えば、
東西線沿線で、茅場町日本橋・大手町といった金融系やIT企業の集中する土地に出やすい。
都心部に比べると家賃が割安。
③比較的新興タウンのため、外国の方にも開拓がしやすかった?

↑①は、私も早○○年この地に通うようになって、東西線の便利さは素晴らしいと思いました。
都心部へ向かう方面の通勤ラッシュは異常値を叩き出すようですが、(他人事です、すみません)
意外とかゆい所に手が届く路線だと思います。
若いファミリーに人気のエリアとしても、②は大事なポイントですし、
③については、古くから西葛西に住む会員様方より「昔はなーんにもなかったのよ」なんてお話をお聞きすることが多く、
どんどんと進化している町である事が窺えます。

西葛西って、いい街ですね!


……
いつのまにかただの西葛西宣伝ブログになっているではないか。。


話をインドに戻します。
インドと言えば、あれですよ。カレーですよ。ナンなんですよ。
こんなにもインド色の強い西葛西ですから、もちろんインドカレー屋さんも多いわけですよ。
ナン店舗あるか?
ナンと、検索できるだけで10店舗!1駅に10店舗はなかなかだと思いませんか?

中でも有名なのは、スパイスマジック カルカッタ でしょうか。
tabelog.com
おいしいです!お店の軒先がいつも電飾キラキラパーリナイみたいです。

f:id:shima_c_kasai:20180522121625j:plain
是非皆様、都内随一のインド街で本場の北インドカレーをご堪能ください。

ちなみに系列の次の店舗は、北インドカレーとはまた違う、南インドカレーも食べられます。
tabelog.com
ナンで食べないんですよ、南インドは。ご存知でした?

私は決してカルカッタの回し者ではありませんが、まずはおススメです。
他のお店で、「ココノカレーモオイシーヨ!」というお店があれば、教えてくださいませ。

そもそもなんで頸椎ヘルニアからインドの話にしたかと言いますと、(なんと理由があった)
インド映画の俳優さんたちって、ものすごく首を左右にズラしながら
美しい衣装を振り乱して激しく踊っているではないですか。
あれが、今の私にはとっても羨ましかったのです…。


ナーンてね!
以上、松本でした。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.